by

「アイリスグレース、猫を通して世界を開いた少女」アラベラ・カーター・ジョンソン(都市プレス) – 書籍:4月のトップ10

ELLE、ファッション、美しさとニュース女性の女性誌

  • 「アイリスグレース、猫を通して世界を開いた少女」アラベラ・カーター・ジョンソン(都市プレス)©11

    「アイリスグレース、猫を通して世界を開いた少女」アラベラ・カーター・ジョンソン(都市プレス)

    それは涙にお邪魔していないこの本の絵ではありません。私たちは、あまりにも深く、あまりにも彼女は人生を理解しすぎて見ているかのように少女は、表情を失った発見します。時には、彼女は株に座っています。その他には、彼女は雨の秋時計や青マントに身を包んだ「睡蓮」の価値がある素晴らしい絵を、描きます。それは多くの場合、猫を伴っています。ページの上にあなたがピンクの勃発に話庭師のシンプルではないしぶしぶまたは偽の喜びを語った、アラベラ・カーター・ジョンソンは、私たちに話を与える:アイリスグレースという名前の女の子のこと、自閉症の子供を無子猫で他を開きすぎて苦悩やノイズを帯びた世界のカット、。 Thula、とがった耳を持つ愛らしい小さな生き物の足跡では、アイリスは、感情を受け入れ、抱擁を含んでいる彼の庭にそれらを取るために彼の親戚の手を取ります。ここで、彼女の猫と、彼女は、木々の葉がざわめく、生きた鳥を探します。 「物事は、彼の母親アラベラ、変更、しかしゆっくり、静かに言うところ。 「アイリスは奇妙な子ではない、それは魔法のトリックです。

    > ここで、著者とのインタビューを読みます
    フィレンツェ・ベッソン


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

5 + 5 =